お金と借入の事についても勉強を

お金注文住宅を建築する際には、費用がかかります。通常一括購入できるという人は限られていると思いますので、頭金を貯蓄でまかなってその後ローンを組むという事になると思いますが、そこで勉強が必要になってくるのが担保価値や限度額、借入に対する年収の限度額など、お金、借り入れの事に関しての勉強です。

通常民間金融機関では融資上限は1億以内、融資率上限は物件評価額の8割から9割となっています。買い取り型の場合、所要資金の10割が融資上限となっていますし、民間金融機関の中には現代、10割融資をしてくれるという所も出てきています。

では借入の名義人となる本人の限度額についてはどうなのかというと、基本は年収で考えられます。たとえば年収が400万という方は30%位、400万円位という場合は35%が上限となっています。本人だけの年収で借り入れ額が足りないという場合には、一定の要件がありますが、親、配偶者、子供など「同居予定」家族の収入を合算できます。

しかし上限まで借り入れを行い本当に返済できるのかという事も考えなくてはなりません。通常、年収の25%以内で返済を考えていくこと求められます。こうしたお金の事、借り入れの事等も、注文住宅建築の際にはよく理解しておくべきことなのです。最近は住宅ローン計算をシミュレーションできるサイトもありますので、よく勉強しておきましょう。